コメントは受け付けていません。

ブランド買取のOKURA(おお蔵)トップ コラム 反物を売りたい際はどこに依頼すべき?反物を売る方法や高く売るためのコツを紹介
反物を売りたい際はどこに依頼すべき?反物を売る方法や高く売るためのコツを紹介
2022年06月23日

反物の処分方法として、捨てる以外に売る方法があります。未使用品のため、きれいな状態を保っていることが多い反物は、高く売れることが期待できます。

一方で、反物を売りたいという人の中には、どこで反物を売ればよいのかや、どのような反物が高く売れるのかが分からないという人もいるのではないでしょうか。

この記事では高く売れる反物の特徴や、反物を高く売るために押さえるべきポイントなどをご紹介します。

反物は売ることができる

着物に仕立てる予定がない反物の扱いに困っている人もいるでしょう。仕立てる予定がない反物は売ることをおすすめします。ここでは、反物の概要や反物が買取してもらえる理由などについてご紹介します。

反物とは

反物とは、着物を仕立てる前の布のことです。多くの場合、シワが付かないよう巻物のように巻かれた状態で保管されています。

反物の長さを表す際は「反」という単位を使用します。着物1着に必要な布の量を1反として、横幅約36cm・長さ約12mが一般的な1反物の基準です。

ただし、最近は日本人の平均身長が以前よりも高くなっていることから、1反物の長さを14m程度とすることがあります。

反物は買取してもらえる

着物に仕立てられる前の状態である反物は、着物よりも高く売れることがあります。着物を美しく着こなすには、ジャストサイズであることが大切です。

着物を仕立て直すよりも反物から新しく作る方を好む人が一定数いるため、反物は着物よりも高い買取価格が付くことがあります。

また、反物の用途は着物だけではありません。和小物を制作する際にも活用されることがあります。着物としても和小物の素材としても使える反物は、中古品でも一定の需要があるといえるでしょう。

高く売れる反物の特徴とは

ある条件を満たす反物は高く売れる傾向にあります。ここでは、高く売れる反物の特徴を3つご紹介します。反物を売りたい人は、自身が所有している反物が以下の特徴に当てはまっているかを確認してみましょう。

証紙が付いている反物

証紙とは反物の生産地やメーカー、作家などを証明するために付けられている小さな布地のことです。反物の端に縫い付けられていることが多いため、買取してもらう前に確認してみてください。

伝統工芸品や有名産地などの反物であれば、証紙が付いていることが多いです。反物は目で見ただけでは素材や生産地、作家などを見分けることが難しいため、反物の価値を証明する証紙の有無は買取価格に影響します。反物に付いている証紙は剥がさないよう注意しましょう。

有名産地の反物や有名作家が手がけた反物

大島紬や京都西陣織などの有名産地の反物や、北村武資や喜多川平朗などの有名作家が手がけた反物などは、高価買取してもらえる可能性が高いです。

特に、人間国宝に指定されている作家の作品は希少価値が高いため、中古品でも高く売れることが期待できます。反物の産地は証紙、作家名は落款などから確認可能です。

正絹で作られた反物

反物の素材としては、正絹・木綿・化繊(ポリエステル)・ウール・麻などが挙げられます。この中で最も高額で買取してもらえる可能性があるのが、正絹を使って作られた反物です。

正絹は蚕の繭から作られた天然素材です。光沢があり、肌触りがよいことが特徴として挙げられます。大量生産できないため、新品での価格も高い傾向にあります。

正絹は振袖や花嫁衣装などにもよく使われる高級素材であることから、高価買取が期待できるでしょう。

反物を売りたい人が押さえておくべき高く売るためのポイント

反物を売る際、少しの工夫をすることで高く売れる場合があります。以下で反物をなるべく高く売りたい人が押さえておくべきポイントを2つご紹介します。

ポイント1:きれいに保管しておく

反物の査定においては、傷や汚れ、虫食いなどは買取価格が下がる原因になります。反物は汚れや傷が付きにくくきれいな状態の物が多いですが、保管状態が悪いと痛んだり、汚れたりしてしまうことがあります。特に、天然素材である正絹は虫が付きやすく、かつカビも発生しやすいため注意が必要です。

反物を傷や虫から守るためには、きれいに保管することが大切です。湿気があると生地が傷みやすくなるため、定期的に広げて虫干しを行うといった手入れを怠らないようにしましょう。

ポイント2:できる限り早く売る

反物を高く買取してもらうためには、できる限り早く売るようにしましょう。正しい方法で保管していたとしても、購入してから時間が経つと経年劣化してしまいます。劣化する前のよい状態で売ることで、高価買取が期待できます。

反物を売る主な方法

反物を売る主な方法として、リサイクルショップ、オークション・フリマサイト、着物買取専門業者などを利用することが挙げられます。それぞれにメリットやデメリットがあるため、自身に合った方法を選ぶことが大切です。

リサイクルショップ

リサイクルショップとは、家電や衣類など、ジャンルを問わずさまざまな品物を買取している業者です。日本全国でさまざまな業者が店舗を展開しているため、自宅近くのリサイクルショップを見つけることは難しくないでしょう。

店頭へ反物を持ち込むだけで買取を依頼できるため、気軽に利用できます。また、反物以外にも売りたい物がある人は、まとめて処分できることもメリットです。

一方で、リサイクルショップは着物や反物を専門に取り扱っている業者ではありません。買取してもらえない可能性があることや、適切な買取価格を提示してもらえない可能性があることなどが、デメリットとして挙げられます。

フリマアプリ・オークション

最近利用者が増えているフリマアプリやオークションでも、反物を売ることは可能です。自身で価格を決められるため、買取価格の相場よりも高く売れる可能性があることがメリットとして挙げられます。

また、品物を持ち運ぶ必要がないため、忙しい人や子育て、介護などで外出が難しい人にとって便利な方法といえます。

一方で、出品作業や紹介コメント作成、購入者とのやり取り、梱包・発送などの手続きを全て自分で行わなければなりません。売れるまで細かな手間がかかることは、デメリットといえるでしょう。

着物買取専門業者

着物買取専門業者に反物の買取を依頼できます。着物のプロが査定してくれるため、適正価格で反物を買取してもらえる可能性が高いことがメリットです。

一方で、店舗数が多くないため、自宅周辺に店舗がないことが多いことはデメリットといえます。なお、着物買取専門業者によっては、出張買取や宅配買取に対応している業者もいます。

まとめ

証紙が付いていたり、有名産地で作られたりなどの特徴がある反物は、中古品でも高く買取してもらえる可能性があります。できるだけ高く売るためにも、反物はきれいに保管しておき、不要になったらすぐに売るようにしましょう。

反物を売るのであれば、着物の知識を持ったプロに査定してもらえる着物買取専門業者に依頼するのがおすすめです。

着物の買取実績が豊富なおお蔵では、反物の買取にも対応しています。相談料や査定料は無料のため、反物を売りたい人はぜひ相談してみてください。

OKURA(おお蔵)は
相談料・査定料が無料!
はじめての方でもお気軽に
ご連絡ください!
mail
出張買取お申し込み
出張料・査定無料!
delivery kit
宅配キット申し込み
宅配キットは無料!
line
LINE査定
お手軽!カンタン!
phone
0120-096-905
お電話でもご相談受付中!